ル・マン24時間レースを使用して、映画、ドラマなどが結構多くできました。それほどドラマ的なことが多いため題材としては結構良いものでしょう。

 

ゲームなんかにも結構多く出ており、1997年にセガがルマン24と言うアーケードゲームを開発、他にも2001年にル・マン24アワーズなども開発されました。そして、2004年にグランツーリスモシリーズの4作目に登場したのです。このように使われていました。

 

他にも小説や漫画、ドラマにも使われており、結構多くの作品でル・マン24時間レースが使われています。そして、映画にもなっており、栄光のル・マンは、実際にレーシングドライバーとして活躍している人に主演してもらい、実際にマシーンを動かしていたシーンも自分で動かしていると言うその次代の映画では異例な物をやっていました。しかし、その後その人は、当時異例な行動としてレースに参加することができなくなりました。ですが、その息子が跡を継いでル・マン24時間レースに参加するようになったのです。

 

このようにル・マン24時間レースは題材としてはかなり良いものでしょう。現在は使われることが少ないですが、それでもレースとしても楽しいので興味があるなら見てみると良いですね。

最近の投稿