オートレースに使われるオートバイは、特殊なオートバイで普通のオートバイとは少々違います。
オートレースのオートバイは、競技用のオートバイなためかなりのスピードを出すでしょう。直線でのスピードは150kmでコーナーを90kmで走ります。よって平均を10.5kmで移動することになるので、結構速いですね。もちろん、これはあくまでも基本となるオートバイなので、チューニングや乗り手の技術によっては速くなったり、遅くなったりするでしょう。

 

主な違いとしては、ブレーキが無い、計器類が無い、左ハンドルが高い、ひざ当てなどです。ブレーキが無いのは、競輪なんかでもそうなので良いのですが、計器類が無いので今減算どのくらい出しているかわかりません。故に、感覚で操作しないといけませんね。また、左ハンドルが高いことでコーナーを曲がる時にとても便利になりになるでしょう。

 

他にも、違うところがあります。ダイヤモンド型フレームであること、独自のサスペンションを使用していること、2弾変速トランスミッション、三角タイヤなどがありますね。それそれぞれ、オートレースに欠かせないものでしょう。
このような特殊なオートバイを使用して、オートレースに参加しています。乗り手の技術とマシーンの性能が重要になるものですね。

最近の投稿