F1カーについて

| F1 |

F1カーはフォーミュラカーの一種で、F1世界選手権で使われる競技用の自動車です。車体が低く、タイヤが大きい自動車で、運転席がむき出しになっているでしょう。

 

一般の自動車と違い、生産性のコストを考えて設計されるのではなく、素材そのものの特性を考えて作られています。コレにより、速さを追求した機体バランスを作ることができるでしょう。上記で、説明した車体が低いことで、風の抵抗を受けにくくすることができます。また、フレーム自体が風の抵抗を外に出しているため、かなり速い自動車にすることができるでしょう。

 

そしてエンジンは、F1カーの命でありスピードを出すために必要な物です。より速いF1カーを作るために、最高のエンジンを使用するでしょう。
コックピットは、安全性、空力的、強度的に考慮して制作されており、ドライバーがしっかりと運転出来るようになっています。特に、シートは4Gの力を受け止められるように設計されており、運転中に姿勢が変わらないようにシートベルトが6点式を搭載しています。ブレーキなどはかなり重要で、しっかりとブレーキが聞くようになっています。

 

このようにF1カーはいろいろなところがとてもすごいのです。と言うのも、下手にチューニングしたF1カーでは優勝どころか予選すら勝ち上がることができませんので、できる限りの最高のマシーンに仕上げないといけないでしょうね。

最近の投稿