» F1のブログ記事

F1の番組について

| F1 |

F1の番組は日本でも結構多くやっています。専門チャネルを使用すれば、多くのF1の大会などを見ることが出来るので、F1に興味のある方はそれらを見てみると良いでしょう。

 

F1の番組は、単純に大会の状態を放送することもありますが、現在のF1カーに関することも説明するでしょう。番組によっては丁寧にわかりやすく、初心者でも理解できるような解説をしてくれる人もおり、素人でも結構楽しんで見ることができるでしょう。と言うよりも、F1自体が結構華がありますので、見ているだけで面白いでしょうね。

 

実際にF1カーが走る姿を見ることができ、その迫力を番組が伝えているでしょう。また、ドライバーにインタビューなどをすることもあり、本当にF1に興味のある人は面白い番組でしょう。大会やイベントなどの情報も紹介してくれるので、見るだけでも結構良いですね。ちなみに、F1以外の自動車紹介などもやるので、自動車自体に興味をわかせることができるでしょう。

 

このように、F1に関する番組があります。かなり面白い番組がありますので、興味のある方は見てみましょうね。ちなみに、番組によってはプレゼントなどもあり、かなり魅力的な物を貰うことができるかもしれません。

F1雑誌について

| F1 |

F1はかなり人気の物ですから、多くの雑誌があります。そこにはF1に関することを説明しており、F1ファンにとってはかなり良い情報源でしょう。

 

F1の雑誌は、上記でも説明したように多くありますね。それぞれ掲載している情報が多少違うので、どれを読んでも結構面白いでしょう。F1の大会のことやF1カーのことなどを事細かに説明しているので、とても面白いでしょう。大会の盛り上がることの写真を見るとそれだけで、かなり盛り上がるでしょうね。各ドライバーのインタビューなども掲載されていることがあり、F1ファンにとってはかなり嬉しいですね。大会に出たF1の解説なども載ることがあり、リアルな情報を獲得できるのも良いでしょう。

 

F1のことをまだ知り始めと言う人でも、わかりやすい解説がとても嬉しいですね。細かい情報などをわかりやすく載せているので素人でも楽しく読めるに違いありません。
このようにF1の雑誌があります。どのような情報が掲載されているかは、見てみないとわかりませんだから、興味のある方は購入して読んでみる良いでしょう。そうすれば、F1の情報をもっと多く獲得することができるでしょうね。ちなみに、イベントや大会情報なども獲得出来るので、そこから参加してみるのも良いです。

中継について

| F1 |

F1の中継は日本でもやっています。ただし、中継自体がかなり深夜にやっていることが多いため、F1の中継を見ようとすると大変睡眠不足になるので注意してください。

 

日本でもしっかりと中継はされています。もちろん、日本人の実況者で中継をされているので、かなりわかりやすく見ることができるでしょう。日本人の実況者のトークもなかなか面白ものがあり、見ていて飽きることが無いですね。しっかりと中継されていれば、F1の状態を見ることができます。また、ドライバー目線での画面も見ることが出来るので、かなり面白い中継を見ることができるでしょう。

 

F1のレース自体かなり白熱しており、F1に興味のある方は目が離せない状態でしょう。ですが、上記でも説明したように深夜帯が多いため、多くの人は録画をして後から見る人もいるでしょうね。ちなみに、某動画サイトで中継を見ることができるでしょう。過去のも見ることが出来るので、見てみるとよいでしょうね。ちなみに、ハイライトなどで見ることができる物もあるでしょう。だから、すべてを見なくて良い人は、そちらをオススメします。
このようにF1の中継があります。興味のある方は見てみると良いでしょう。ですが、あまり無理して見ないようにしてくださいね。

F1カーについて

| F1 |

F1カーはフォーミュラカーの一種で、F1世界選手権で使われる競技用の自動車です。車体が低く、タイヤが大きい自動車で、運転席がむき出しになっているでしょう。

 

一般の自動車と違い、生産性のコストを考えて設計されるのではなく、素材そのものの特性を考えて作られています。コレにより、速さを追求した機体バランスを作ることができるでしょう。上記で、説明した車体が低いことで、風の抵抗を受けにくくすることができます。また、フレーム自体が風の抵抗を外に出しているため、かなり速い自動車にすることができるでしょう。

 

そしてエンジンは、F1カーの命でありスピードを出すために必要な物です。より速いF1カーを作るために、最高のエンジンを使用するでしょう。
コックピットは、安全性、空力的、強度的に考慮して制作されており、ドライバーがしっかりと運転出来るようになっています。特に、シートは4Gの力を受け止められるように設計されており、運転中に姿勢が変わらないようにシートベルトが6点式を搭載しています。ブレーキなどはかなり重要で、しっかりとブレーキが聞くようになっています。

 

このようにF1カーはいろいろなところがとてもすごいのです。と言うのも、下手にチューニングしたF1カーでは優勝どころか予選すら勝ち上がることができませんので、できる限りの最高のマシーンに仕上げないといけないでしょうね。

F1のピットインについて

| F1 |

 

F1に限らずモータスポーツには、ピットインというのがあります。このピットインをすることで、マシーン状態を回復することが出来るので、これをするタイミングがかなり重要になるでしょう。そして、ピットインしている時間がレースにとってのロスタイムになるのでかなり速い行動をしないといけません。特に、F1は時間との勝負になるでしょう。

 

F1は、ピットインをする時に、約20人が同時に作業を行います。昔などは給油をしており、大体速くても5秒で大体平均して10秒のピットインが必要でしたが、今現在はタイヤの交換のみで良くなっており、3秒くらいでできるようになりました。そして、速いチームだと2秒弱でピットインを終えることができます。このピットインにかかる時間がかなり重要で、1秒がかなり勝敗に関わります。故に、ピットインでのミスはかなり命取りですから、これを失敗しないように作業する人は技術を磨いているのでしょう。約20人が同時に作業するので作業する時のチームワークがかなり必要になります。出来るだけ速くするために、無駄な動きをしていると遅れを出してしまうため、かなり重要なところですね。

 

このように、F1のピットインがあります。かなり重要なところなので、見ている人もハラハラものでしょうね。

チャンピオンシップについて

| F1 |

F1にはチャンピオンシップというのがあります。これは各レースの毎回出てくる順位によって点数が与えられますのですが、そのポイントを総計してチャンピオンを決定します。

 

各レースで出てくるポイントをチャンピオンシップ・ポイントと呼ぶのですが、これを沢山集めることで、ドライバーズ・ワールド・チャンピオンとなることができるでしょう。これになるためには、かなり速いF1カーであり、高い技術が必要になるでしょう。故に、これのチャンピオンになることはかなり名誉なことなのです。
兎に角ポイントがかなり必要なのですが、レースは沢山あるので兎にどのレースでも優秀な成績を出し続ければ自ずとチャンピオンになることができるでしょう。と言っても、マシーンのメンテナンス、ドライバーの精神状態などをしっかりと管理しないといけないため、すべてのレースに出場することは物理的に不可能です。それに、同じような目標をする人が多いので、簡単には優秀な成績を出すことはできないでしょう。

 

このようにチャンピオンシップは、難しいのです。それでも、多くのレースで優秀な成績を出した人がチャンピオンになることができるでしょうね。ちなみに、チャンピオンシップ・ポイントは公式レースのみに与えられるポイントなので注意してください。

F1選手になるために

| F1 |

F1の選手になるのはかなり難しいでしょう。特に日本では、F1ドライバー自体がかなり少なく、F1レースの決勝に行くような人も限られています。だから、F1選手になるためには並大抵の努力ではなれないので注意してください。

 

世界のF1選手は大体3歳の頃から英才教育を施されてF1ドライバーになっていきます。もちろん、F1カー自体に乗る歳も、日本では考えられないレベルなため、普通に小学生5~6年の時にF1に興味を持っても大体が世界に通じるドライバーになることはできません。まあ、それでも例外おりまして、才能と努力により現在大きな活躍をしている日本人が居ます。このような人になれる人は、1000年に1人くらい稀なので注意してくださいね。

 

F1ドライバー自体はなることができるかもしれません。世界に通用するかを置いて、F1ドライバーだけならまだ慣れる希望は在るでしょう。ですが、これでもかなり難しく、F1にかかるGに耐えられないといけませんし、視力も良くないといけません。だから、ドライバー自体もかなり難しいので注意してくださいね。

 

このようにF1選手になるためには、かなり頑張らないと世界どころかドライバーすらなれません。それでも頑張る意思があるなら頑張ると良いでしょうね。

F1のルールについて

| F1 |

F1のルールは、基本的にレースなので、トップを走り続けることが出来れば、優勝することができるでしょう。しかし、このトップになるということがかなり難しいので、注意しないといけません。

 

F1のレースは決められているコースを、決められた回数周らないといけないのです。この時に注意して欲しいのが、車の状態とタイヤの状態で、レース自体はそこまで長くありませんが、マシーンにかかる負担は結構大きいので、マシーンの状態に注意しないといけません。それに、コースを走っているとタイヤが減り続けていくでしょう。こうなると走行にかなり不利になるので、一度ピットに戻ってタイヤの交換をしないといけません。仮に、タイヤの交換をしないと最悪タイヤが無くなる場合がありますので、必ずタイヤを交換しないといけませんね。そのタイミングなどもよく考えていないとトップを取ることができないでしょう。

 

決勝戦などは、普通にトップを走れば良いのですが、予選などはタイムアタックとなりますので、完全にマシーンとドライバーの技術が必要になることになるでしょう。
このようにF1のルールがありますので、覚えておいた方がより面白いでしょう。と言っても、基本的にレースなので、そこまで難しいことではありませんので安心してください。

F1の基本的な進行状態

| F1 |

 

F1に限らず世界一に慣れる大会は誰でもエントリーすることができるわけではありません。だから、F1も各地のレースで勝ち抜いて行かないと世界トップに慣れる大会に出場することができません。故に、その進行をしっかりとしていかないといけないでしょう。

 

F1の場合は、フリー走行、予選、決勝と言う進行で進んでいます。これらのどこかで負けると決勝までいくことができなく、優勝をすることも出来ません。だから、しっかりと勝てるようにしないといけませんね。
まず、フリー走行ですが、これは単純に練習です。午前と午後に2回と土曜日に1回、計3回の練習走行をすることができます。この時にコースを覚えたり、マシーンをどのようにセッティングしたりするかを判断するでしょう。

 

次に、予選です。予選は3ラウンドあり、それに勝たないといけません。この予選のやり方はタイムアタックです。より速い車が次のステージに進むことができるでしょう。1ラウンドが1~17位までが次に進み、それ以外は次のラウンドに進むことができません。2ラウンドが1~10位までが次に進みます。そして最終の3ラウンドが制限時間10分のレースで、この順位が決勝でのスタート順位となります。後は、決勝を勝てば世界一になります。
このように進行していくでしょう。予選でもかなり面白いので興味のある方は見てみると良いでしょう。

Formula one(フォーミュラワン)

| F1 |

F1というのは結構知っている人が居るモータスポーツのカテゴリーの1つです。大きな大会などもあり、世界でもかなり多くの人が世界一を狙っているでしょう。このF1ですが、意外に知られていなのですが、フルネームは違います。フルネームは、Formula one(フォーミュラワン)です。だから、フォーミュラ1と表記するのが本当は良いです。

 

まあ、皆さんF1で定着しているので、これで良いでしょう。ちなみに、F1以外にもF2、F3がありますね。
このF1は、皆さん知っての通り、F1カーを使用したレースです。四輪で1人乗りのF1カーに乗り、決められたコースを走り決められた周を回って、最初にゴールした人が1位になります。このF1カーはかなりのスピードを出すので、ドライバーから見るとかなりの速い光景を見ることになるでしょう。そして、そのドライバーは生半可な技術でできるものではなく、F1に出られるようなドライバーは沢山居るわけではありません。だから、マシーンが良いだけでは、優勝を掴むことができないでしょう。

 

このようにF1があります。結構知られているモータスポーツの一つなので馴染み深いでしょう。日本でもF1はテレビ放送しているので、興味のある方は見てみると良いですね。