» ル・マン24時間レースのブログ記事

ル・マン24時間レースを使用して、映画、ドラマなどが結構多くできました。それほどドラマ的なことが多いため題材としては結構良いものでしょう。

 

ゲームなんかにも結構多く出ており、1997年にセガがルマン24と言うアーケードゲームを開発、他にも2001年にル・マン24アワーズなども開発されました。そして、2004年にグランツーリスモシリーズの4作目に登場したのです。このように使われていました。

 

他にも小説や漫画、ドラマにも使われており、結構多くの作品でル・マン24時間レースが使われています。そして、映画にもなっており、栄光のル・マンは、実際にレーシングドライバーとして活躍している人に主演してもらい、実際にマシーンを動かしていたシーンも自分で動かしていると言うその次代の映画では異例な物をやっていました。しかし、その後その人は、当時異例な行動としてレースに参加することができなくなりました。ですが、その息子が跡を継いでル・マン24時間レースに参加するようになったのです。

 

このようにル・マン24時間レースは題材としてはかなり良いものでしょう。現在は使われることが少ないですが、それでもレースとしても楽しいので興味があるなら見てみると良いですね。

現在のル・マン24時間レースのルールに置いて、選手の連続運転は禁止がルール上ありますが、これは過去一人のドライバーがいた事によりできたルールです。

 

ル・マン24時間レースは、24時間を耐久でレースをすることが条件となっています。そして、1952年のレース時に一人で24時間レースに出場して見事23時間トップを守りながら走り続けました。これは行けるのではないかと言うところで、悲劇が起きてしまったのです。23時間ずっと車を運転し続けたことにより集中力が完全に無く、疲労によりギアの変更をミスしてしまい、リタイヤとなりました。これにより現在の連続運転の防止をするためにレギュレーションの変更をしました。これにより一人で24時間完走はできなくなったのです。

 

ですが、この人が一番「一人で24時間優勝」に近づいた人になりました。しかし、1955年ル・マン24時間レース最大の事故となった大事故によりこの世を去りました。蛇足ですが、この人はフランスのスポーツマン、カードライバーであり、アイスホッケーとテニスでも世界レベルの選手でした。このような偉業を成し遂げた人ですが、1955年の事故がなければ、他にも何かの偉業を成し遂げたのではないかと考えられますね。

ル・マン24時間レースには、とても大きな悲劇がありました。このことはル・マン24時間レースをしているなら語らないといけないものでしょう。
1955年に発生した事故により、死者86人、重軽傷者約200人と言う大事故が発生しました。この事故に在ったのは観客及び、スタッフ、事故を起こした本人が大変なことになりました。モータースポーツ界も大きな衝撃が与えた事故です。

 

事故の状態としては1位の選手が周回遅れのマシーンを追い抜いた直後、ピットインするために減速した時に周回遅れのマシーンがそれを避けるために軌道を変更した時に、もう1台のマシーンが来て、そのマシーンが避けられず、周回遅れのマシーンの上に滑るようにして衝突、その時の衝突は時速200kmを超えていたため、上に乗ったまま高くマシーンが浮上、その後にマシーンが炎上し、観客席に突撃しました。これにより、死者などが上記で説明したようになり、大きな事故になったのです。

 

その後「たとえどんな惨劇がおきようとも、戦い続けるのがスポーツのルールである」ということで、レースは続行することになりました。救急車などがレースにより入ることができないと言う惨劇を出しながら皮肉にも事故の原因になったトップのマシーンが優勝をしたのです。
このような悲劇が昔ありました。それに備えてコースの作りなどが改善され、現在あのような大事故は起こりにくくなったのです。

耐久レースについて

| ル・マン24時間レース |

ル・マン24時間レースは耐久レースです。そして、このレースは世界三大レースと言われており、かなり過酷なレースですね。24時間耐久なので、その分マシーンにも人にもかなり負担が掛るため、大変危険でしょう。ですが、基本的にはドライバーの交代や給油などをしていきますので、マシーンが保てば基本的に大丈夫でしょう。

 

しかし、かつてこのレースを一人で挑戦した人がいますが、疲労などで残念ながらリタイヤ、それでもトップを走り続けていたのでその人はかなりすごいことをしたことになります。しかし危険なので、レギュレーションの変更により長時間の連続運転は不可能になりました。ちなみに、基本的にはどのようなタイミングでも交代することはできますが、交代する場合必ずタイムロスが発生するため、よく考えて変更しないといけません。また、マシーン自体のメンテナンスもしっかりとしていないとマシーンが途中で壊れる恐れがあるので注意しないといけません。

 

このように耐久レースはかなり難しいレースです。特にマシーンの調整などがかなり肝になるため、よく考えて行動していないとレース自体に復帰できない場合もあります。24時間レースをする場合は念入りに計画が必要でしょうね。

ル・マン24時間レースは、しっかりと日本でもテレビ中継をしています。ル・マン24時間レースが好きな人なら知っているでしょうが、しっかりと放送されています。と言っても、地上波でなく、スカパー!オンデマンドで配信されているので興味の在る方は見てみると良いでしょう。ちなみに、某動画にも中継された録画がありますので探してみると良いでしょう。

 

ル・マン24時間の中継は、もちろん24時間耐久です。24時間じっくりと楽しんでください。司会や解説者がいるので、素人でも比較的楽しめる内容となっているでしょう。ただし、慣れていないととてもじゃ無いですが24時間見ることは不可能でしょう。大体の人は途中でギブアップしてしまいます。

 

そこで録画でのル・マン24時間レースを楽しめば良いでしょう。盛り上がるところや見逃してはいけないところを見せてくれるのでかなり良いです。24時間見るわけではないので、比較的楽に見ることができます。
このようにル・マン24時間レースの中継があります。生で見に行くのが一番良いですが、それだといけない人や24時間見ることができない人などが居るでしょう。それに対応してテレビの中継があるので、それを見れば良いですね。

 

ル・マン二四時間レースには日本の自動車メーカーも出場しています。今年2012年も出場をしていましたが、途中トラブルが発生して完走することはできませんでした。そして、自動車生産しているところでは最も遅いです。ちなみに、アジアの自動車メーカー及びチームではル・マンレースに参加しているのは日本の自動車メーカーのみであり、総合優勝を経験しているところも日本のみとされています。ですが、日本人だけのチームでは、いまだ優勝はありません。

 

基本的に日本がル・マンレースに参加する状態は、エンジンの提供やドライバーでの出場などで優勝をとったことがありますが、上記で説明したようにオール日本での優勝はありません。一応良いところまでは行くのですが、優勝までには届かずにいる状態ですね。

 

マツダ、日産、トヨタなどがル・マン24時間レースに参加したりして頑張って成績を出しているところでしょう。
このように、日本でのル・マン24時間は過去総合優勝をしたが、日本人だけでの出場で優勝はしていないと言う戦歴が今の状態でしょう。今では結構技術もありますが、それでも及ばないという各国の高い壁がありますね。ちなみに、沢山のマシーンは開発していますし、ドライバーも世界に通じる人が数名います。それでもまだ優勝が無いのですよ。

ル・マン式スタート

| ル・マン24時間レース |

一時期ル・マン式スタートと言うのがありました。今でも極わずかに使っているところがありますが、このようなスタートの仕方がル・マン24時間レースでも使われていました。

 

ル・マン式スタートは、簡単に言ってしまえば、マシーンから離れて、スタートの合図でドライバーはマシーンに向かって、マシーンに乗ります。その後マシーンを走らせてスタートとなるでしょう。これに出遅れると結構差がついたりするので注意しないといけません。ちなみに、いち早くマシーンに入っても、マシーンの起動が遅れるとその分だけタイムロスを出すので注意しないといけません。

 

このル・マン式スタートには何点か問題がありました。まず一つ目に、シートベルトの着用を忘れると言うことがあります。シートベルトを着用しないマシーンなら問題ないのですが、自動車などのレースの場合、特にル・マン24時間レースの自動車部門の場合は、これが大変危険です。そして、その対策があり、シートベルトをすぐに着用出来るようにする方法が出てしまい、一般的なローリングスタートになりました。そして二つ目にマシーンを発進した時に、前でまだ走っているドライバーに追突するという危険な状態になる場合があり、大変危険であるということになったのです。
このようにル・マン式スタートがあり、使われました。

ル・マン24時間レースの厳しさは耐久レースで在ることです。この耐久レースというのは、よく考えて行動しないとレース自体に勝つこともできないし、復帰することすらできない場合も出てきます。故に、このレースは難しいのでしょう。

 

ル・マン24時間レースで注意しないといけないのがマシーンの状態とドライバーの状態です。マシーンは、最初の内快調でもその後にだんだん悪くなることも在るでしょう。特にテストレースの時に問題無くても本場のレースで突然マシーンが壊れたり、動かなくなったりすることもあるので、注意しないといけません。24時間動き続けるため、状態には注意しないといけませんね。

 

そして、ドライバーは一応交代することができるため、マシーンよりは良いかもしれません。ですが、マシーン以上に脆いのが人間ですから、注意していないとピットインする前に動けなくなるといったこともあるので注意しないといけません。ちなみにレース当日は、必ず体が大丈夫な状態でないとダメです。下手に薬を飲んだりすると事故の原因になるので、ドライバーは特に自分の体を注意しないといけません。

 

このようにル・マン24時間レースは生易しいレースではありません。ある意味ではこのレースに生命を賭けているでしょうね。

開催地

| ル・マン24時間レース |

 

ル・マン24時間レースの開催地は、フランス中部にあるル・マン市のサルト・サーキットと呼ばれているコースを周ります。ここで注意なのですが、ル・マンは、Le Mansですからル・マンです。正式にはルマンではありませんので注意してください。

 

サーキットは全長13kmと言う大きなコースを使います。一般道もコースとして使われているため、若干狭いところも在るでしょう。しかし、このコースでは全長6kmのストレートがあり、そこでの高速の戦いが見ものでしょう。ちなみに、このストレートで最高速度が400km/hを超えたため、FISAから忠告が出たことにより1990年に2箇所のシケインを作り、加速を抑えるようになりました。このコースを24時間周回していきますので、24時間内にトラブルなどが結構続出したりするのがこのル・マン24時間レースでしょう。

 

コースをどのようにして走るか、どこをどうすれば車への負担が減るかをよく考えてレースに臨まないとマシーンに負担が蓄積してレース途中でトラブルを起こすことになるでしょう。だから、ドライバーとマシーンの状態が優れていないとル・マン24時間レースには勝つことができません。だから、かなり難しいレースと言っても良いでしょう。

世界三大レース

| ル・マン24時間レース |

ル・マン24時間レースというレースがあります。これは名前にあるル・マン近郊で行われる耐久レースで、歴史あるレースの1つです。世界三大レースとも言われているレースで、とても多くの出場者と観客が来るでしょう。

 

このル・マン24時間レースは、名前の通り24時間走る必要があるレースです。基本的にコースを走る場合はかなりの速さを出します。それこそ速い車などは周回遅れにする車なども出てくるでしょう。また、最高速度405km/hに達したため、安全上の問題が在ると問題視されたことも在るほど速い車が走ります。
このル・マン24時間レースは毎年6月初めに自動車の耐久レースが開催されるでしょう。そして、4月にはオートバイの24時間レースも開催されます。

 

一時期開催が中止されることがあり、若干危ないことがありましたが、現在も問題なく開催されています。今年2012年は、アウディのディーゼル・ハイブリットが優勝しました。しかし、この優勝したところが順調に走っていたわけではなく、何度もアクシデントや修理をしないといけなかったことは、このレースの過酷さが物語っていますね。

 

このようにル・マン24時間レースがあります。このレースには日本ももちろん出場していますが、今現在あまり良い成績は残せていないことが残念でしょう。

最近の投稿