» 車の知識のブログ記事

日付に注意

| 車の知識 |

ユーザー車検を受けるタイミングと言うのがあります。よく考えてユーザー車検をしてください。
まず、車検がいつに在るかを確認しましょう。1ヶ月も前に車検の更新をしてしまうと、その分だけ車検の満了が短くなるので注意してください。これをしてしまうと大変勿体無いので、出来る限り満了に近い日付にしましょう。そして、満了に近すぎるのも問題となります。

 
満了当日に車検をすると急な用事などでいけなくなる場合がありますので注意してください。それに、準備の時間なども考慮して考えましょう。書類関係で最悪その日に獲得出来ない場合有りますので注意してください。故に、満了よりも数日前にするようにしましょうね。ちなみに、車検はお店でやってもらうと確実に合格することが出来るかもしれませんが、自分ですると合格できない場合あるので注意しましょう。だから、それも踏まえて日にちを考えるようにしてください。

 
このようにユーザー車検をする場合は、出来るだけ満了に近く、それでもゆとりがある日付ですることをオススメします。あまり無理をしないように車検をするようにもしましょう。下手に無理をすると車検の更新をすることができませんので注意してください。ちなみに、どうしても満了近くにできない場合は、早めにしても良いです。そこはよく考えて対処しましょうね。

車内点検について

| 車の知識 |

車内点検は、かなり簡単なものですね。しかし、油断していると大変なことになりますので注意してください。
車内点検は、いつも使っているので使い方がわかっているので簡単に点検することが出来るでしょう。一つ一つ点検をしていけば良いので頑張りましょうね。

 
まず、ハンドルの操作具合です。ハンドルを回してみて、しっかりとタイヤが動いているかをチェックしてください。回してもあまり動かない場合は緩みやガタ来ている場合があるので注意しましょう。

 
次に、ブレーキベダルの確認です。目一杯に踏み込んで距離を確認してください。そして、床とペダルの距離を確認して異常が無ければ良いです。ここで歪んでいたり、ペダルが変になっていたりすると大変なので注意しましょう。もちろん、アクセルの方も確認してください。他にもレバーの確認をするようにしましょう。パーキング状態で動いてしまうと大変なので注意してくださいね。あとは、ライトやワイパーなどを確認してください。これらも正常に動いていないと大変なので注意しましょう。特にライトは、実際走っているとわかりません。しっかりと確認してください。

 
このように車内の点検があります。不具合云々ではなく、何か物を置いて走行の妨害を起こす場合があるので、それもしっかりと確認しましょう。

エンジンの点検について

| 車の知識 |

エンジンルームの点検なのですが、正直素人は触れない方が良いでしょう。下手に触るとシャレにならないことになりますので注意してください。

 
エンジンルームは車両にとっては命です。これがしっかりと動いていないと車両は動かないでしょう。故に一番重要なところです。そして上記で説明したように大変危険なので無理だと判断したら専門家に見てもらってください。ちなみに、やり方によっては火事どころか、爆発をしかねませんので注意しましょう。

 
エンジンルームには、エアクリーナーというのがあります。この部分はフィルターなので汚れている場合は綺麗にしないといけません。また、場合によっては交換をしないといけません。

 
次にスパーク・プラグで、これは外してみて、ヒビがないかを確認します。この部分は聞いているだけなら簡単に思えますが、失敗すると結構大変なことになるので、自身の無い方は専門家にやってもらいましょう。そしてバッテリーも確認してください。スターターが回るなら問題がありません。そして、ターミナルが緩んでいる場合がありますので注意してください。白く腐食している場合がありますので、洗い流すようにしましょう。もちろん、自身が無いなら専門家にしてもらいましょう。

 
このようにエンジンの点検があります。エンジンは重要な部分が多く、上記で説明した以外にも点検しておかないといけない場所がありますので注意してください。

足回りの点検について

| 車の知識 |

taiya

 

車両の足回りは、結構重要です。だから、しっかりと点検をしておきましょう。
まず、足回りを点検する場合は、ブレーキとタイヤを点検してください。特にブレーキ部分はかなり重要なので、しっかりと点検してください。ただ、素人がそこをいじると大変なことになるので出来る人に限りますので、注意しましょう。次にタイヤの点検です。これは比較的素人でもわかりやすいのです。

 

まずは、タイヤと車体を繋げる部分の固定部分が緩んでいないかを確認してください。この箇所が緩んでいると走行中にタイヤが外れてしまうと言う事故になります。こうなるとブレーキなどは意味がありませんので注意してください。次に、タイヤの溝部分です。溝部分は使うと減りますので、減りすぎていないか確認しましょう。減りすぎている場合は、タイヤを変える必要があるので注意しましょう。他にもサスペンションやアブソーバーなどがありますが、わかっている人でないと点検が困難なので、心配な人は修理工場で点検をしてもらってください。

 
このように足回りの点検をすることができます。結構重要なところですが、タイヤの状態などを見る場合は素人でもなんとなくわかります。しかし、難しい部分が多々ありますので心配な人は専門の人に見てもらった方が良いですね。

下回りの点検について

| 車の知識 |

車両の点検時で普段見ないのが下回りです。これが結構面倒と言うよりも難しいと言えば良いのでしょうか。兎に角下回りの点検をしっかりとして行きましょう。

 
基本的には、部品が外れていたり、緩んでいたりしていないかを確認していきます。何かしら水分がポタポタと落ちていないかを確認してください。水分がポタポタと落ちている場合は、本当に注意してください。普段見ない下回りなので、どのような変化をしているか分かり難いですが、よく見ると異変に気がつく場合あるので頑張ってください。後は、メガネレンチなどを使用して緩んで居ないかを確認しましょう。もちろん、反対に回してしまい解体しないようにしてくださいね。
上記で説明した水分がポタポタと落ちている場合は、オイル漏れを起こしている可能性があります。オイル漏れをしていると、その場所の機能が低下するでしょう。ブレーキなどで起こっている場合は、最悪ブレーキが使えない状態になっているので注意してください。

 
このように下回りの点検があります。車両の下を覗き込むことは、あまりありませんので、これを機会に見ておくと良いでしょう。結構重要な場所が多いので、しっかりと点検して安全に運転出来るようにしてくださいね。

外回りの点検について

| 車の知識 |

車両の点検をする場合に外回りの点検をしないといけません。ではどのようなところに注意いて見れば良いでしょうか?それを説明していきます。
基本的に外回りの点検は、車両に凹みが無いかを確認していくでしょう。凹みによっては重大な状態になっているのでしっかりと凹みが無いかを確認してください。特に大切な部分に凹みが在ると大変なことになっている場合がありますので注意しましょう。もちろん、凹みだけでなく緩みや傷にも注意してください。緩んでいる場所があると走行中に外れてしまう場合はあります。そうなると場合によっては大変なことになるので注意しないといけません。また、傷などは、傷からヒビになる場合もありますので注意しましょう。また、傷から車両内部に異物が入り込む場合もあるので注意してください。と言っても、そこまで深い傷でない限りあり得ないので細かく見る必要はありません。まあ、色が剥げているなどに注意してしっかりと検査してください。
このように車両の外回りの点検をすることができます。重大な状態で無い限りは、問題があまり出ないところなので安心して点検をしてください。ただし、適当にやると大変な点検ミスをする場合があるので注意しましょう。

ユーザー車検で不合格になった場合

| 車の知識 |

ユーザー車検にも、もちろん不合格というのがあります。まあ、当たり前ですね。悪い状態の車両を乗って事故を起こされると大変なことになります。故に、合格をしないといけません。

 
ユーザー車検で不合格をしてしまった場合は、当日内であれば3回まで受けるけることができます。その間に、問題となるところを修正していれば合格を貰うことが出来るかもしれません。車検場には直すことが出来るところがありますので、それを利用してしっかりと直すようにしてください。そして、3回で合格を貰うことが出来ない場合は、翌日から再度検査を受けることができます。ただし、その場合は再検査料がかかりますので注意してください。不合格になった部分の検査なので全体でやるよりは簡単にすることができますが、不合格をもらい続けると逆に難しくなるので注意してください。ちなみに、不合格から有効期限が発生しています。これを超えると再度車検をすることができなく、また最初からになりますので注意してください。

 
このように、ユーザー車検を不合格にしてしまうと厄介なので、しっかりと合格出来るようにしましょう。これが嫌な方は、お店などでやってもらうようにしてください。そうすれば、すぐに車検を終わらせることができます。まあ、その分お金はかかりますがね。

ユーザー車検のメリットとデメリット

| 車の知識 |

ユーザー車検にはメリットとデメリットがありますので注意してください。
基本的にユーザー車検をすることで、より車両のことを知ることができます。実際に車両の中身を見る機会は、そこまで多くありません。故に、このような機会で中身を見ることは良い経験とされています。故に、車両に対しての関心が深まるでしょう。うまく勉強していけば、少しのトラブルでも自分1人で解決することが出来る状態にすることが出来るので、とてもよい傾向でしょう。しかし、その分慣れていない場合に、メンテナンス不足になる場合あります。このまま走行してしまうと大変危険なので注意しないといけません。それでも、慣れることが出来ればとても早く車検を終わらせることが出来るでしょう。ちなみに、慣れることで定期的なメンテナンスをすることが出来るようになるので良いですね。

 
車検ステッカーの設置関係も覚えることができます。あのステッカーは意外に取り外しが難しいので、その経験をすることができるでしょう。まあ、したくないと言う人もいるでしょうがね。
このようにユーザー車検をすることでメリットとデメリットがあります。うまく習得することが出来れば、日常的に車両の確認をすることが出来るようになるので、やってみると良いでしょう。

ユーザー車検の手順

| 車の知識 |

ユーザー車検がありますが、これはお店でやってもらうようなやり方ではないので注意してください。

 
まず、ユーザー車検をするために検査をする場所を探して選ばないといけません。地域によっては1箇所しかありませんので注意しましょう。まあ、出来るだけ近い所を選べば良いですね。次に、ユーザー車検の予約をしましょう。予約しないと車検をすることができませんので注意してください。予約は、インターネット上でも出来る場合がありますので、どうしても電話での予約が出来ない場合などは、インターネットを使用すると良いです。次に、当日または、数日前までに車両を洗浄するようにしましょう。これはあくまでも審査してくれる人への配慮なのでよく考えて行動してください。もちろん、無理にする必要はありませんが、汚いままだとやりにくいので注意しましょう。

 
あとは、車両を予約したところに持って行き作業をすれば良いです。しっかりと車検をすることが出来れば良いでしょう。そして、自賠責の継続手続きをして自動車重量税の納付、窓口の係官の指示に従って行動してください。すべての検査が終わり合格を貰うことが出来れば、窓口に行き車検証と車検ステッカーを貰うことでユーザー車検を完了します。
このように、ユーザー車検の手順があるでしょう。結構簡略で記載したので、しっかりと指示に従って検査をするようにしてください。

ユーザー車検について

| 車の知識 |

seibi480

 

ユーザー車検は、対象となる乗り物の持ち主が実際に運輸支局などに乗り物を持ち込んで車検を受けることです。

 

前までは、大体お店や修理工場に出して車検をしているのが一般的でした。しかし、それだとお金がかかるということでユーザー車検が実施されたでしょう。これにより、ユーザー自体が車検をすることが出来るようになり、車検費用が多少安くなりました。ただし、ユーザーがやる分デメリットがありますので注意しないといけません。もちろん、現在でもお店や修理工場に持って行き任せることが出来るので、心配な人はこちらを使用すると良いですね。

 
ユーザー車検は、上記で説明したようにユーザー自信がしないといけないです。まあ、やり方などは検査項目などを見ながらすることが出来るので、そこまで難しいわけではありませんが、慣れていないと結構時間がかかるので注意しないといけません。また、必要な物もありますのでしっかりと確保してくださいね。

 
このようにユーザー車検があります。車検をしっかりとすることで、お店でやったように安心して乗ることが出来るようになるでしょう。まあ、慣れが必要になりますが、良い経験をすることが出来るのでやってみるとお良いですね。

最近の投稿