ル・マン24時間レースには、とても大きな悲劇がありました。このことはル・マン24時間レースをしているなら語らないといけないものでしょう。
1955年に発生した事故により、死者86人、重軽傷者約200人と言う大事故が発生しました。この事故に在ったのは観客及び、スタッフ、事故を起こした本人が大変なことになりました。モータースポーツ界も大きな衝撃が与えた事故です。

 

事故の状態としては1位の選手が周回遅れのマシーンを追い抜いた直後、ピットインするために減速した時に周回遅れのマシーンがそれを避けるために軌道を変更した時に、もう1台のマシーンが来て、そのマシーンが避けられず、周回遅れのマシーンの上に滑るようにして衝突、その時の衝突は時速200kmを超えていたため、上に乗ったまま高くマシーンが浮上、その後にマシーンが炎上し、観客席に突撃しました。これにより、死者などが上記で説明したようになり、大きな事故になったのです。

 

その後「たとえどんな惨劇がおきようとも、戦い続けるのがスポーツのルールである」ということで、レースは続行することになりました。救急車などがレースにより入ることができないと言う惨劇を出しながら皮肉にも事故の原因になったトップのマシーンが優勝をしたのです。
このような悲劇が昔ありました。それに備えてコースの作りなどが改善され、現在あのような大事故は起こりにくくなったのです。

最近の投稿