現在のル・マン24時間レースのルールに置いて、選手の連続運転は禁止がルール上ありますが、これは過去一人のドライバーがいた事によりできたルールです。

 

ル・マン24時間レースは、24時間を耐久でレースをすることが条件となっています。そして、1952年のレース時に一人で24時間レースに出場して見事23時間トップを守りながら走り続けました。これは行けるのではないかと言うところで、悲劇が起きてしまったのです。23時間ずっと車を運転し続けたことにより集中力が完全に無く、疲労によりギアの変更をミスしてしまい、リタイヤとなりました。これにより現在の連続運転の防止をするためにレギュレーションの変更をしました。これにより一人で24時間完走はできなくなったのです。

 

ですが、この人が一番「一人で24時間優勝」に近づいた人になりました。しかし、1955年ル・マン24時間レース最大の事故となった大事故によりこの世を去りました。蛇足ですが、この人はフランスのスポーツマン、カードライバーであり、アイスホッケーとテニスでも世界レベルの選手でした。このような偉業を成し遂げた人ですが、1955年の事故がなければ、他にも何かの偉業を成し遂げたのではないかと考えられますね。

最近の投稿