ル・マン二四時間レースには日本の自動車メーカーも出場しています。今年2012年も出場をしていましたが、途中トラブルが発生して完走することはできませんでした。そして、自動車生産しているところでは最も遅いです。ちなみに、アジアの自動車メーカー及びチームではル・マンレースに参加しているのは日本の自動車メーカーのみであり、総合優勝を経験しているところも日本のみとされています。ですが、日本人だけのチームでは、いまだ優勝はありません。

 

基本的に日本がル・マンレースに参加する状態は、エンジンの提供やドライバーでの出場などで優勝をとったことがありますが、上記で説明したようにオール日本での優勝はありません。一応良いところまでは行くのですが、優勝までには届かずにいる状態ですね。

 

マツダ、日産、トヨタなどがル・マン24時間レースに参加したりして頑張って成績を出しているところでしょう。
このように、日本でのル・マン24時間は過去総合優勝をしたが、日本人だけでの出場で優勝はしていないと言う戦歴が今の状態でしょう。今では結構技術もありますが、それでも及ばないという各国の高い壁がありますね。ちなみに、沢山のマシーンは開発していますし、ドライバーも世界に通じる人が数名います。それでもまだ優勝が無いのですよ。

最近の投稿