過去に在った出来事

| モナコグランプリ |

モナコグランプリは、かなり古くからあるレースです。故にいろいろな出来事がありました。今回はその紹介をしていきますね。

 
まず、モナコグランプリが初開催された年に、ブガッティに乗るウィリアム・グローバー=ウィリアムズが優勝しました。その優勝により、後にサン・デボーテコーナーに彼の銅像が立てられました。第一回というのもあり、かなり有名になっている人ですね。次に、1963、1964、1965、1968、1969年と5勝したグラハム・ヒルが「ミスターモナコ」と呼ばれるようになりました。ここから、モナコグランプリでミスターモナコを目指す人が増えていくのです。その後、1993年にセナがヒルの記録である5勝を超えて6勝を上げました。

 
上記のような輝かしいことがモナコグランプリでありましたがしかし、悲惨な事故なども多くあったのです。1950年には、かなり大きな事故があり、大変なレースとなっていますし、1967年にはロレンツォ・バンディー二のマシンが炎上などの事故がありました。だから、必ずしもモナコグランプリで輝かしい出来事だけではないことを覚えておいてください。
このように、モナコグランプリの出来事があります。このような出来事があり、今のモナコグランプリが在るでしょう。

 

 

最近の投稿