ル・マン24時間レースの厳しさは耐久レースで在ることです。この耐久レースというのは、よく考えて行動しないとレース自体に勝つこともできないし、復帰することすらできない場合も出てきます。故に、このレースは難しいのでしょう。

 

ル・マン24時間レースで注意しないといけないのがマシーンの状態とドライバーの状態です。マシーンは、最初の内快調でもその後にだんだん悪くなることも在るでしょう。特にテストレースの時に問題無くても本場のレースで突然マシーンが壊れたり、動かなくなったりすることもあるので、注意しないといけません。24時間動き続けるため、状態には注意しないといけませんね。

 

そして、ドライバーは一応交代することができるため、マシーンよりは良いかもしれません。ですが、マシーン以上に脆いのが人間ですから、注意していないとピットインする前に動けなくなるといったこともあるので注意しないといけません。ちなみにレース当日は、必ず体が大丈夫な状態でないとダメです。下手に薬を飲んだりすると事故の原因になるので、ドライバーは特に自分の体を注意しないといけません。

 

このようにル・マン24時間レースは生易しいレースではありません。ある意味ではこのレースに生命を賭けているでしょうね。

最近の投稿