F1のピットインについて

| F1 |

 

F1に限らずモータスポーツには、ピットインというのがあります。このピットインをすることで、マシーン状態を回復することが出来るので、これをするタイミングがかなり重要になるでしょう。そして、ピットインしている時間がレースにとってのロスタイムになるのでかなり速い行動をしないといけません。特に、F1は時間との勝負になるでしょう。

 

F1は、ピットインをする時に、約20人が同時に作業を行います。昔などは給油をしており、大体速くても5秒で大体平均して10秒のピットインが必要でしたが、今現在はタイヤの交換のみで良くなっており、3秒くらいでできるようになりました。そして、速いチームだと2秒弱でピットインを終えることができます。このピットインにかかる時間がかなり重要で、1秒がかなり勝敗に関わります。故に、ピットインでのミスはかなり命取りですから、これを失敗しないように作業する人は技術を磨いているのでしょう。約20人が同時に作業するので作業する時のチームワークがかなり必要になります。出来るだけ速くするために、無駄な動きをしていると遅れを出してしまうため、かなり重要なところですね。

 

このように、F1のピットインがあります。かなり重要なところなので、見ている人もハラハラものでしょうね。

最近の投稿