オートレースのルールについて

| オートレース |

オートレースのルールは厳しい審査によって成されます。だから、基本的にレースの妨害になることをすると即退場か反則になるでしょう。

 

オートレース中に35名の審査員とカメラがあります。それを使って不正が無いかを判断されるでしょう。主に反則となることは、接触、斜行、押圧などの他選手の走行を妨げる行為が反則なります。また、オートレースの場合は、基本的に外側から抜くことが義務となりますので、無理に内側から攻めることはできません。と言っても、十分な距離がある場合は問題無いです。このような反則行為が在った場合は、反則や退場を申告されます。

 

反則などをしてしまった場合ペナルティが発生しますね。場合によっては今後数ヶ月オートレースに出られなかったり、クラス落ちなどをされるでしょう。最悪、出場停止まであるので注意しないといけません。ちなみに、行為でなくてもそれのように審判員が判断されたらペナルティとなるでしょう。また蛇足ですが、反則などがある場合は赤旗、無い場合は黄色い旗を使用して知らせます。

 

このようにオートレースにはルールが在るでしょう。白熱してくると大変危険なレースなため、このようなルールが在ることが選手を守ることになるでしょう。

最近の投稿