下回りの点検について

| 車の知識 |

車両の点検時で普段見ないのが下回りです。これが結構面倒と言うよりも難しいと言えば良いのでしょうか。兎に角下回りの点検をしっかりとして行きましょう。

 
基本的には、部品が外れていたり、緩んでいたりしていないかを確認していきます。何かしら水分がポタポタと落ちていないかを確認してください。水分がポタポタと落ちている場合は、本当に注意してください。普段見ない下回りなので、どのような変化をしているか分かり難いですが、よく見ると異変に気がつく場合あるので頑張ってください。後は、メガネレンチなどを使用して緩んで居ないかを確認しましょう。もちろん、反対に回してしまい解体しないようにしてくださいね。
上記で説明した水分がポタポタと落ちている場合は、オイル漏れを起こしている可能性があります。オイル漏れをしていると、その場所の機能が低下するでしょう。ブレーキなどで起こっている場合は、最悪ブレーキが使えない状態になっているので注意してください。

 
このように下回りの点検があります。車両の下を覗き込むことは、あまりありませんので、これを機会に見ておくと良いでしょう。結構重要な場所が多いので、しっかりと点検して安全に運転出来るようにしてくださいね。

最近の投稿