外回りの点検について

| 車の知識 |

車両の点検をする場合に外回りの点検をしないといけません。ではどのようなところに注意いて見れば良いでしょうか?それを説明していきます。
基本的に外回りの点検は、車両に凹みが無いかを確認していくでしょう。凹みによっては重大な状態になっているのでしっかりと凹みが無いかを確認してください。特に大切な部分に凹みが在ると大変なことになっている場合がありますので注意しましょう。もちろん、凹みだけでなく緩みや傷にも注意してください。緩んでいる場所があると走行中に外れてしまう場合はあります。そうなると場合によっては大変なことになるので注意しないといけません。また、傷などは、傷からヒビになる場合もありますので注意しましょう。また、傷から車両内部に異物が入り込む場合もあるので注意してください。と言っても、そこまで深い傷でない限りあり得ないので細かく見る必要はありません。まあ、色が剥げているなどに注意してしっかりと検査してください。
このように車両の外回りの点検をすることができます。重大な状態で無い限りは、問題があまり出ないところなので安心して点検をしてください。ただし、適当にやると大変な点検ミスをする場合があるので注意しましょう。

最近の投稿