耐久レースについて

| ル・マン24時間レース |

ル・マン24時間レースは耐久レースです。そして、このレースは世界三大レースと言われており、かなり過酷なレースですね。24時間耐久なので、その分マシーンにも人にもかなり負担が掛るため、大変危険でしょう。ですが、基本的にはドライバーの交代や給油などをしていきますので、マシーンが保てば基本的に大丈夫でしょう。

 

しかし、かつてこのレースを一人で挑戦した人がいますが、疲労などで残念ながらリタイヤ、それでもトップを走り続けていたのでその人はかなりすごいことをしたことになります。しかし危険なので、レギュレーションの変更により長時間の連続運転は不可能になりました。ちなみに、基本的にはどのようなタイミングでも交代することはできますが、交代する場合必ずタイムロスが発生するため、よく考えて変更しないといけません。また、マシーン自体のメンテナンスもしっかりとしていないとマシーンが途中で壊れる恐れがあるので注意しないといけません。

 

このように耐久レースはかなり難しいレースです。特にマシーンの調整などがかなり肝になるため、よく考えて行動していないとレース自体に復帰できない場合もあります。24時間レースをする場合は念入りに計画が必要でしょうね。

最近の投稿